• かたぎり塾長

ダイエットや減量に関する消費カロリーについて



皆さんこんにちは。

理想の身体にするため日々ダイエットに励む方非常に多いと思います。

皆さんはどのようなダイエット方法を行っていますか?また行ってきましたか?


ダイエットを行う前に知っておかなければならない身体の仕組みがあります。それが身体のエネルギー代謝です。

聞いたことあるのが「摂取カロリー」「消費カロリー」だと思います。


今回は消費カロリーについて簡単に解説していきます。

まず、消費カロリーは3つに分けられます。

・基礎代謝

・生活活動代謝

・食事誘発性熱産生


①基礎代謝

生命維持に必要な代謝活動です。

24時間常に行われ、簡単に言うと何もしなくても消費されるカロリーのことをいいます。


トレーニングによる筋肉量の増加によって代謝量が増えます。

また加齢による代謝量の低下を食い止めることができます。


②生活活動代謝

日常生活動作や運動などで体を動かす時の代謝活動です。

運動量に比例して代謝量が増えます。


③食事誘発性熱産生

食物を消化吸収する時の活動代謝です。

糖質、脂質、タンパク質それぞれで消化吸収するためのエネルギーは違います。

糖質約6%、脂質約4%、タンパク質約30%となります。


☆ダイエットを成功させるポイント

この中でダイエットの効果を大きく左右するエネルギー代謝が生活活動代謝と食事誘発性熱産生となります。


生活活動代謝は動いた分だけ消費されるカロリーが増えます。毎日何km歩こうや毎日運動しようという目標ではなく、1駅分歩いて通勤したり座るのを立ったりなどの些細な事を行うだけでも消費され、継続することで大きな力になります。

仮に1日約200〜300kcal消費カロリーを増やすだけで1月で約1kg、1年で約12kgも体重を落とすことができるのです。


また、筋トレを行えば筋肉量も増え、基礎代謝や消費カロリーも増えるので効果はさらに大きくなります。


食物を消化吸収する活動代謝で、タンパク質の消化吸収が最もエネルギーを使います。

総カロリーに占めるタンパク質の量を増やせば、食事の量を減らさなくても消費カロリーが増加しダイエット効果が期待できるのです。


また、よく噛むことでさらに効果を高めることができます。よく噛むことで満腹感が長く持続します。これだけではなく食事誘発性熱産生によるエネルギーも増やすのとができるのです。


ダイエットは無理なく行うことが成功への近道となります。

栄養素を極端に減らしたり、ハードなトレーニングを行うのではなく、毎日続けられるような軽い意識から始めていきましょう。

©2019 by ダイエット&ボディメイク専門店かたぎり塾. Proudly created with Wix.com

​”ダイエット情報配信中”

IMG_5899.PNG