• 富田 直人

筋トレを行う上での原理原則。効果を最大に発揮しよう。

皆さんこんにちは。

筋トレにおいて大切なこと・・・それは何だと思いますか??

筋トレをこれから始める初心者の方も長く続けている上級者の方もとても大切にしなければいけないことがあります。


3原理5原則というものがあります。

これはトレーニングを続ける上でのルールのようなものになります。


トレーニングの3原理

・過負荷 ・特異性 ・可逆性

トレーニングの5原則

・全面性 ・漸進性 ・意識性 ・個別性 ・反復性 



☆過負荷の原理

トレーニングの効果を得るには日常生活にかかる一定(荷物を持つ、歩く、しゃがむなど…)以上の負荷を与える必要があるということです。

また、筋肉はその負荷に適応します。成長を続けたければ常に強い負荷が必要になります。


☆特異性の原理

目的に応じてトレーニングの種類、量、頻度を選択する必要があります。


例えば・・・

「マラソン選手なら長距離のトレーニング」

「100mの選手なら短距離のトレーニング」を行う必要があります。

マラソン選手なのに短距離が速くては意味はないですよね。


目的に合ったトレーニングを行いましょうということです。


☆可逆性の原理

トレーニングをして筋肉をつけてもやめれば元に戻るということです。


これは当たり前ですよね。トレーニングをやめるとそれだけの負荷は日常生活では必要なくなるので筋肉は衰えます。


★全面性の原則

全身バランスよく鍛えましょうということです。


目的や競技によって必要になる筋肉の量は変わりますが、全身鍛えなければバランスが悪くなりパフォーマンスも低下し怪我のリスクも高くなってしまいます。


★意識性の原則

トレーニングを行う上で強制されて行うのではなく、自分の意思で行いましょうということです。


トレーニングの目的をしっかりと理解し、筋肉がどう動いているのを意識して行うことで効果がぐんと上がります。


★斬進性の原則

過負荷の原理と少し似ていますが、体力、筋量が向上するにしたがって徐々に負荷を漸進的に増やしていく必要があります。


強くなったら強くなったなりの負荷を与え、一歩一歩階段を上がるように強度を上げましょう。


★反復性の原則

トレーニングの効果を上げるためには繰り返し反復して行う必要があるということです。


1日やっただけでは身体は変化しません。コツコツと反復して成長することをしっかり理解し日々トレーニングに励みましょう。


★個別性の原則

その人に合ったトレーニング行いましょうということです。


体力や筋量、筋力には個人差があります。誰かのマネをするのではなく自分に合ったトレーニング強度、頻度、アプローチなどその人に合った方法を行いましょう。


まとめ

どれか1つでも欠けていればトレーニング効果は最大とは言えません。

身体の変化に伸び悩んでいる方はもう一度この基礎である原理原則を見直し、本当に正しい方法でできているのかを確認してみましょう。


これからボディメイクを始める方は自分ではよくわからないですよね。

そんな時はぜひトレーナーを頼るようにしましょう。


4回の閲覧

©2019 by ダイエット&ボディメイク専門店かたぎり塾. Proudly created with Wix.com

​”ダイエット情報配信中”

IMG_5899.PNG